盛和塾について

経営の要諦は、トップの持つ心にある。経営の真髄を感得して、経営者の心が変わるならば、経営は必ず順調にいく。自分自身の人徳を高め、企業の安定と隆盛を志す、全国の経営者たちよ 集え

概要

images

盛和塾は、もともと京都の若手経営者が、京セラ株式会社の社長であった稲盛和夫から、人としての生き方「人生哲学」と経営者としての心の持ち方「経営哲学」を学ぼうと1983年に立ち上がった自主勉強会に端を発しています。
真剣に学ぼうとする塾生と、それに応えようとする塾長稲盛がお互いに魂の火花を散らす人生道場として、また塾生同士の切磋琢磨の場として、全国各地区の盛和塾に多くの熱心な若手経営者が集まっております。稲盛は心ある企業経営者こそが 明日の日本を支えるとの信念に基づき、盛和塾に取り組んでいます。

盛和塾のあゆみ

1983年
images京都の若手経営者が、京セラを小さな町工場から世界的企業にまで育て上げた稲盛和夫から、生きた経営学、人生・経営哲学を学ぼうとして集まる。後に、この勉強会は「盛友塾」と呼ばれる。会員25名
1989年
images京都の「盛友塾」に集まるメンバーの中から、是非大阪の若手経営者にも、話を聞く機会を作りたいという話があがり大阪に塾が誕生する。これを機に「盛和塾」に名称変更される。
京都、大阪開塾
1990年
images「鹿児島」開塾懇親会全国組織化方針決定
神戸・滋賀・鹿児島・富山・東京 開塾
1991年
images盛和塾全国展開始まる(100塾5,000名構想)
福井・沖縄・岡山・広島・徳島・香川・愛媛・高知・北大阪・東大阪 開塾
17塾510名
1992年
images第1回全国大会機関誌「盛和塾」創刊
第1回盛和塾全国大会開催
静岡・渡良瀬・福岡・名古屋・播磨・新潟・札幌・中海 開塾
25塾925名
1993年
imagesブラジル訪問雑誌「AERA」を見た一人のブラジル経営者からの「教えを請いたい」という切なる手紙で、盛和塾「ブラジル」が開塾。海外塾開塾のきっかけとなる。
ブラジル、石川、山形、仙台、三重、佐賀、大江戸、和歌山、埼玉、横浜 開塾
36塾1,561名
1994年
佐倉、長崎、熊本、宮崎 開塾
44塾2,182名
1995年
images大分訪問群馬、大分、千葉、山口、台湾 開塾
49塾2,634名
1996年
49塾2,752名
1997年
塾数が50を突破
秋田 開塾
稲盛体調不良のため全国大会が中止となる
50塾2,870名
1998年
南京都 開塾
52塾2,950名
1999年
中国天津にて日本経営哲学研究会発足
パラナ、長野、あおもり開塾
54塾3,105名
2000年
54塾3,054名
2001年
クリチーバ開塾
55塾2,971名
2002年
images初の市民フォーラムのちらし一般市民を対象とした「市民フォーラム」を鳥取県米子市で初めて開催。以降各地で市民フォーラムを開催。(2015年3月までに57ヶ所開催。のべ98,831名参加)
55塾3,101名
2003年
images20周年記念の市民フォーラム(京都)盛和塾20周年を迎える
55塾2,953名
2004年
images「USA」開塾式アメリカ初の塾として盛和塾「USA」(現 盛和塾「ロサンゼルス」)開塾
三河、USA開塾
56塾3,442名
2005年
ニューヨーク・庄内 開塾、東京・大江戸合併(東京として活動)
57塾3,970名
2006年
塾生数4,000名を突破
57塾3,992名(年末)
2007年
images「無錫」開塾式中国初の塾として盛和塾「無錫」開塾
58塾4,436名
2008年
imagesニューヨーク市民フォーラム盛和塾25周年を迎える
ニューヨークにて、初の海外市民フォーラム開催
シリコンバレー・やまなし開塾
60塾5,025名
2009年
USAがロサンゼルスに、中海が山陰に改名
60塾5,497名
2010年
imagesJAL応援団のたれ幕とメッセージカード稲盛の日本航空会長就任にともない、塾生有志が「JAL応援団」を結成
ハワイ・シカゴ開塾
62塾6,187名
2011年
images「福島」開塾式海外塾増加に伴い、盛和塾全国大会を世界大会に名称変更
福島開塾、台湾再設立
70塾7,180名
2012年
塾生数8,000名を突破
70塾7,846名(年末)
2013年
imagesブラジル訪問ツアー盛和塾30周年を迎える
71塾8,760名
2014年
79塾9,270名
2015年
images尾張設立総会images台湾市民フォーラム尾張、大和(奈良)、開塾
台湾にて市民フォーラム開催
塾生数 10,000名を突破
89塾9,987名(年末)

ページの先頭へ移動